エラ削りをして美しい横顔やシャープな輪郭を手に入れよう

エラ削りでフェイスラインをスッキリさせる

メリットとして

女性

エラ削りを行なうことで得られるメリットは様々です。生まれ持った骨格として悩んでいる方に対して、行なうことで昔からのコンプレックスがなくなり生まれ変わったような気分になるはずです。

詳細

小顔整形の種類

女の人

顔が大きいといったコンプレックスをもつ方たちによく行なわれている小顔整形ですが、小顔整形にはエラ削りなどいくつかの種類があります。これらの種類が自分にあっているのかを知っておくといいでしょう。

詳細

目立たない処置

看護師

エラ削りという整形手術がありますが、これは骨格であるエラの部分を削ることでシャープなフェイスラインを手に入れることができる手術です。小顔整形としてこの手術は多くの人に施されている処置になります。

詳細

手術について

レディー

整形にはたくさんの方法があり、いろんな悩みに合わせて行なわれています。悩みに対して、行われる施術内容もかわっていきますが、この悩みとして第一印象と決定つけてしまう顔の悩みが一般的に多いとされています。目つきの悪い一重瞼に悩んでいたり、鼻が小さくもっと高い鼻に憧れたりといったものもあり、さらにその悩みでも顔の輪郭に悩んでいる方がいます。顔の部分的なパーツであれば比較的すぐに改善できることが多いですが、この輪郭に悩む場合には大掛かりな手術をする必要があるイメージがされています。エラ削りといった手術はエラの骨を削りとる手術ですが、大掛かりでも麻酔によって痛みはなく傷跡も口の中から行なわれていくため目立つこともないのです。こうした手術に対して恐いといったイメージを持っている方たちがたくさんいますが、しっかりと手術内容に目を向けてみると自分がおもっていたものよりも遥かにハードルが低く感じるはずです。また、手術とは違いかんたんな注射で改善させる方法もあるためどちらかを選ぶことも可能です。もしこのエラ削り手術を行なったあと多くの方が心配されているのが食事です。このエラ削りは手術のときにできる傷口を目立たなくするために口内から行なうのですが、口の中に傷跡ができてしまうため日々の食事をとるのがとても心配といった方がたくさんいるのです。基本的には手術のあとに貰う薬などで痛みがないので気にせず食事をとることが可能ですが、人によって感じる痛みもバラバラなのでその部分に関してはしっかりと医者に相談するといいでしょう。
またエラ削りの手術の他にも、メスを使わず注射で行える方法もあると説明しました。この注射で行なう方法は、食中毒の原因とされるボツリヌス菌を用いた施術になるのですがこれを注射したからといって食中毒が引き起こされる訳ではありません。このボツリヌス菌が人間に対して食中毒症状を起こす量が約3万単位ほどにくらべ、注射で打つボツリヌス菌の量は約2.5から100単位といったごく僅かな量になるので、注射によって食中毒を起こす心配はないといえます。美容外科でこの治療法はラボトックスボツリヌストキシン注射と呼ばれています。こうした方法でもフェイスラインを整えることができるので自分がどんな治療を求めているかをよく考えてから行なうべきといえるでしょう。それによって大きく治療費が変わってきますので負担する金額を減らすといったことにもつながっていきます。さらに数多くの美容外科や病院があるなかでも、こうした金額や手術内容を把握しておくと有利にことを運ぶことができ、自分の納得のいく手術を受けることができます。これは整形手術を受けるうえで、かなり大切なことといえるでしょう。自分が納得のできる手術を行い、またコンプレックスとして抱えていた顔から生まれ変わるためにはこうしたことをあらかじめ行う必要があるのです。また治療後もトラブルにならないように始めから信頼できる医師や美容外科を選ぶことが重要なので忘れないように注意しましょう。