エラ削りをして美しい横顔やシャープな輪郭を手に入れよう

ウーマン

小顔整形の種類

女の人

小顔整形には一般的に、この輪郭として象徴的なエラを削るエラ削りや出っ張った頬骨を削り丸く印象つける頬骨削りといったものがあります。エラ削りは、直接エラを削ることはせず、傷跡が目立たないようにするために口の中から手術を行います。この手術は当然、麻酔をかけて行なうため手術中に痛みを感じることはないので安心して行うことができます。また、目の下あたりにある頬骨が出っ張っている状態を削り顔全体の印象を丸く雰囲気つくるために行なう頬骨削りといった手術もあります。頬骨がでていることによって、出っ張った頬骨とあいまって頬が痩せこけて老けて見えることがありますがこうした悩みを抱えている方たちがこのような手術を行なっています。またこの手術のポイントしては、気になる頬骨を削ることと同時に顔が小さくみえ、また鼻の高さをだす効果としても有効的です。一度削ってしまえば、効果としてもずっと続いていくので元の状態に戻ることもなく安心することができます。いろんな手術で小顔にすることができますが、このようなエラ削りや頬骨削りといった麻酔が必要な手術以外にも別の方法で小顔に見せることができます。
エラが張っている状況には、骨格が原因になっていることもありますが、筋肉が異常に発達している場合があります。こうした筋肉の発達は食事をする際に、奥歯で噛み締めて物を噛んだり無意識のうちに癖で顎に力を入れることが原因とされています。これらを手術以外で改善させる方法として、エラボトックス・ボツリヌストキシン注射といった方法があります。これはこの施術の名前からわかるように、エラ削りと違ってメスを使わず注射で治療する方法です。エラボトックス・ボツリヌストキシン注射は、物を噛み締めたときに使う筋肉の働きを和らげ緩和させる効果があります。これを直接エラの部分に注射することでかんたんに気になるエラを小さくすることができるという訳です。ただし、このエラボトックス・ボツリヌストキシン注射は、エラ部分の筋肉が異常に発達している場合にのみ使うことができるので生まれ持っての骨格が原因となっている場合にはエラ削りの手術で改善させる必要があります。さらにエラを直接削り、体からなくすエラ削りと違い効果がある期間が個人差ではありますが約6ヶ月から1年ほどとされているのも特徴的です。効果が永久的に続いてほしいと思う方であればエラ削りを選び、一時的でも問題がなく手術を受けるのは怖いといったことを感じることがある方であれば、エラボトックスボツリヌストキシン注射を選ぶといいでしょう。自分自身の目的や考えていることがあればそれらを担当する先生に相談をしてみて手術を選ぶのも最善の治療を行ううえでの選択肢のひとつと考えられます。