エラ削りをして美しい横顔やシャープな輪郭を手に入れよう

ウーマン

メリットとして

女性

顔の輪郭や一部の骨を削ることが出来る小顔整形ですが、それらの整形方法のなかにエラ削りがあります。このエラ削りは輪郭形成として重要な整形手術とされており、このエラ削りを行なうメリットとしても大きなものになるでしょう。特に、小さな頃から生まれつきで顔のエラが出っ張っていてそれがコンプレックスに感じている人には大きなものになります。さらに、エラが張っているだけで顔が大きいといったことや、性格がきつそうといった勝手なレッテルまで貼られてしまうことがあります。こうしたことで悩んでいる方たちも、エラ削りを行なったあとに、自分自身の顔が意外と小顔だったことに気づく方もなかにはいます。こうした新たな発見や昔からのコンプレックスから開放されるだけでもエラ削りを行なってみる価値はあるはずです。さらに小顔効果を持つ施術は他にもありますが、エラの部分を削ったり、余分な顎の筋肉を取り除くことが出来るため、効果として長続きしますし元の出っ張ったエラの顔に戻る心配もありません。こうしたエラ削りを行なう場合は、ほとんどの美容外科で行なうことが出来ます。ただし、数多くある美容外科でもし病院選びに迷った場合は、その病院のホームページに実際の症例を写真にとってあることがありますのでこういったものを参考のひとつにするといいでしょう。また、カウンセリングを行なう病院も増えてきています。カウンセリングは手術を施すうえで必ず行なうものになり、自分のエラをどれぐらい削るのかを決めたり手術前やあとにはどんな準備が必要なのかを話すことが出来ます。さらに手術を行なったあとは安定するまでの様子をみるために、入院することが決まっています。こうした入院もどれくらい必要になるのかを前もってカウンセリングで聞けるためあらかじめ日程が立てやすくなるでしょう。カウンセリングは非常に重要なことがわかるように、それと合わせて自分には手術が本当に必要かどうかも考える機会になります。
カウンセリングを行い、手術を行なったあとに必要なことが術後のケアになります。この術後のケアに関しては、入院中であれば看護師やスタッフに任せておけば問題ありません。ただし、退院後は自分でケアしていく必要があり、これらのケアには早く状態を安定させるための大事な役割があります。アフターケアーとして大切なことが、手術部分の腫れを引かせることになり、この腫れを引かせるために病院から処方箋などを貰います。基本的にはこの処方箋によって腫れは引いていきますが、腫れの引いたあとのアフターケアーとして重要なことが患部を温めることです。患部を温めることによって血流がよくなり術後の傷としても再生しやくなって安定するのです。血流をよくするといった目的で行っているため、日常の習慣として飲酒や喫煙している方は暫くの間は控えるべきでしょう。喫煙は一酸化炭素やニコチンといった物質が血管が凝縮していき、血液の流れが悪くなってしまいます。そうすれば、処方箋によって引いていった腫れもむくみとして戻る可能性があるのです。こうしたケアーなどについてもしっかりとスタッフを始めとする病院に説明を受けておけば問題がないのでしっかりと確認をとっておくといいです。